株式会社Rafioのマネーバンクの副業はトレンドを見極めることが重要

株式会社Rafioのマネーバンクの副業は損や詐欺のリスクを抑えてトレンドを見極めることが重要

FX初心者がよく悩むことに、為替価格の流れが判断できないということがあります。
株式会社Rafioのマネーバンクの副業などを活用した時に重要なことが、トレンドを把握し、損や詐欺などの危険リスクを下げることです。
これは何も初心者だけではなく、経験者でも同じです。為替の流れが読めれば、損する人など誰もいません。ただ、分からないからといって、場当たり的に取引をする人と、少しでも為替の値動きを予測しようとする人では、必ず損益に差が表れます。為替の値動きを予測する方法の一つにテクニカル分析があります。
そして、テクニカル分析の中で、為替の流れの方向性を予測する手法にトレンドラインがあります。トレンドラインをチェックすることで、FXが単なるギャンブルではなくなります。

トレンドラインのチェック

トレンドラインとは、為替のトレンドを読むために、チャート上に引く線のことです。基本的な分析ツールのため、FX初心者でも簡単に利用できます。使い方は以下の通りです。

1.トレンドラインの作成 まず、ラインを引くことから始めます。

  1. サポートライン 為替価格における各安値を繋げるのがサポートラインであり、特に目立った安値を結んで線を引くのがポイントです。価格がこれ以上下がらないという目安になります。
  2. レジスタンスライン 逆に、為替価格の各高値を結んでラインを引くと、レジスタンスラインができます。価格がこれ以上は上がらないという目安となるラインです。

2.トレンドラインの傾斜の確認

トレンドラインの傾斜が右肩上がりだと上昇トレンド、逆に右肩下がりだと下降トレンドと判断できます。つまり、それを見て買いか売りかを見極めます。サポートラインとレジスタンスラインが並行状態だと、為替価格が上下動を繰返すレンジ相場と判断できます。

3.転換点のチェック

為替相場の流れの中で、小さな波動が継続される時があります。これはトレンドの一時的な休止状態を意味しており、売りと買いの勢力が拮抗している「保ち合い」を示しています。この保ち合いが終わると、再びトレンドが開始されます。 保ち合いが起きると、2本のトレンドラインが三角形を形成するようになります。三角形のパターンは大きく以下の3つの型に分けられます。

1)対称型 2)上昇型 3)下降型

  1. 対称型 サポートラインが上昇し、レジスタンスラインが下降してきたことで、二等辺三角形ができ上がります。丁度、ペナント旗のような形になります。この時に、買いと売りの転換点が現れます。仮に、為替価格がレジスタンスラインを突き抜けたら「買い」、サポートラインを突き抜けたら「売り」のサインとされています。
  2. 上昇型 レジスタンスラインは水平に伸び、サポートラインが下から上昇してきたことでレジスタンスラインと交わる直角三角形が形成されます。上昇トレンドの途中で現れることが多くなっています。サポートラインがレジスタンスラインを抜けると、買いのサインです。
  3. 下降型 上昇型の逆に、レジスタンスラインが下降してできた直角三角形です。レジスタンスラインがサポートラインを抜けると、売りのサインです。

マネーバンクの副業

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です