バイナリーオプションのチャートとは

基礎知識を付けないままにバイナリーオプションを開始出来てしまったり、他人が作ったツールに頼ってしまっている方が豊富にいます。エントリーする時、チャートの上位時軸と下位時軸のどっちも検証していますでしょうか?根拠にしているキーポイントはいくつかありますしょうか?チャートの正しい方向性や状況を自らで読めないままでは、何度取引しても何年やっても勝てるようにはなりません。常に落ちこぼれトレーダーのままです。反対に言えば自らでチャートを読めるようになってしまえば勝てるキーポイントをどんなときでも見極める事が出来ます。真っ先に前提として一番目にバイナリーオプション取引を着手する総ての方に覚えてもらいたい事は、「ダウ理論」とう理論です。バイナリーオプションで勝ち続ける為にはダウ理論は必須と言えるくらい肝心な事項です。

知っている方も多々あるかもしれませんが知らない方の為に造作なくに解説すると、ダウ理論は6つのベース法則を提唱しているのですがこの理論の中の「平均は一通りの事象を織り込む」「平均は相互に見極めされなければならない」「モードは出来高でも検証されなければならない」「モードは明確な転換シグナルが生じてするまでは継続する」の4つを覚えて下さい。残りの「傾向には3種類ある」「主要流行は3段階からなる」はバイナリーオプションで活用する事は全く無いので軽く覚えておけば問題なしです。1つ目の意味合いですが、手軽にに解説すると、全ての時価を動かしている要素は総てチャートに織り込まれるという事です。つまりチャートさえ分析(テクニカル分析)していれば全部の時価を動かす要素を反映してくれるので、他のファンダメンタル的な要素は見なくても良いという事です。

特にバイナリーオプションは超短期の取引ですので、ファンダメンタルズ分析をする不可欠性はほぼないのです。テクニカル分析だけ十分勝っていく事が出来ます。これは会話の通り傾向は出来高を伴ってないと信用出来ないという事です。バイナリーオプションでは出来高を見る事は出来ませんが、MT4で出来高を表示させたりATRというインジケーターを入れて出来高を見る事が出来ます。バイナリーオプションの取引で出来高は意外に役に立つ指標で、例を挙げると出来高が大きい時は時価がモードに乗りやすいので逆張りを避けたり、反対に出来高が少ない時は時価があまり動かないので順張りを避けたりと、人によって使い方は色々ですが専門家トレーダーで出来高を見ている人は案外多々あるです。

万が一余力があれば自らがトレードしている時に出来高は如何になっているかという見極めも加えてしてみると勝率を上げる事が可能なでしょう。これも言語の通り流行は明確なシグナルが生じてするまで継続するという事です。明確なシグナルというのはダウ切り上げ、切り下げです。直近の高値・安値を目下の代金が上回るもしくは下回ったケースにダウの切り上げ・切り下げになります。一例を挙げれば上昇流れ中に出来た直近の安値を直近での代金が下回ったらダウの切り下げになるので上昇流行は終了です。

これをバイナリーオプションに当てはめると、趨勢が継続中なのに逆張りで入るのは良く無いという事です。例を挙げると自らが見ている時足の上位の時足が上昇ダウを築いているのに、下位の時足で下がる方向に逆張りで入ろうとすればそれは勝ちにくい訳です。なので支障がなければ自らが見ている時足の上位時足が流れ方向と一致した方向にエントリーするのが好ましいです。一例を挙げれば流れが上昇趣向であれば上げる方に賭ける方が勝ちやすいという事です。この4つの理論を充分に覚えた事が前提で、初めてチャートを読む事が可能なようになります。ダウ理論はそのくらい肝心な理論ですので何とぞ覚えて下さい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です