副業で得たお金は確定申告するの?会社にバレない方法はある?

副業を解禁する会社も少なからず増えてきた昨今、副業を行う方も随分増えました。特に会社員の方は、慣れないながらも副業にチャレンジする方も、今まさに着々と増えていることでしょう。

幸い、お仕事そのものに関しては、インターネットを探せばゴロゴロ転がっています。探すのも取り組むのも、簡単なことです。
引き受けたお仕事が無事に上手くいけば、お金が入ります。うれしいですよね。
しかしここで、堅実な方(まあ、副業をやるような方は大抵お金に対して鋭敏な方ですから、気付くとは思いますが)は、気付きます。

あれ?そういえばこのお金って税金とかどうなるの?確定申告とか必要なのかな?

中には、「会社には内緒で副業してるからバレたくない!」という方もいると思います。
そんな訳でこの記事では、副業で得た収入に関する税金や確定申告のあれこれをお伝えします。

まず、覚えておいて欲しいことが1つあります。
副業で確定申告をする所得の基準は、20万円です。この数字を、記憶に留めてください。

「あっ、20万円超えてる!確定申告しなきゃ!」

いえいえ。落ち着いて、よく聞いてくださいね。

確定申告が必要なのは、「所得」が20万円以上です。「収入」ではありません。
混乱しますよね。でもそんなに難しいことではないので、大丈夫です。
少なくとも会社員の方なら、これでお分かり頂けるかと思います。

収入=求人サイト等でも載っている、お給料の金額
所得=いろいろ引かれた末に振り込まれる、手取りの金額

こういうことです。だから、とりあえず所得を計算してみましょう。
収入から必要経費を引いたものが所得です。何が必要経費になるかは副業の内容で変わりますが、例えば不要品をインターネットで売ってお金にした場合は、梱包のための袋を買ったお金や、荷物の発送料金を、必要経費として考えられます。
もし、この必要経費を全部引いた金額が20万円未満なら、確定申告の必要はありません。

とは言え、クラウドソーシングサイトでお仕事を引き受けたり、ブログでアフィリエイト収入を得たりした場合、必要経費はほぼ存在しないことも多いです。そうなると、収入=所得に等しいですから、金額が20万円を超えていたら、確定申告が必要になります。
(今回は、かなり多くの方が該当する、雑所得と呼ばれるタイプだと仮定します)

会社員の方だと、ふるさと納税の経験でもしない限り、今まで確定申告をしたことなんてない方がほとんどですよね。
ご安心ください。国税庁がe-Taxという、オンラインで確定申告できるシステムを運営しています。指示に従うだけなので簡単です。

皆さんが用意するのは、

・源泉徴収票
・支払調書など、支払われた金額が確実に分かるもの
・必要経費の金額が分かるもの

これだけです。
あとは、該当する項目に入力していけばOK。
画像付きで解説してくれているようなサイトもありますし決して難しくはないですが、金額の入力ミスには、くれぐれもご注意を。

最後に、会社にバレたくない方への裏技です。
会社にバレる理由の99%が、住民税の額が通知されることによるものです。住民税は給料からの天引き(特別徴収)が原則だからです。給料の金額に対して住民税の金額が見合わないことで、バレてしまう訳ですが、バレないようにすることはできます。
確定申告書の第二表に、住民税に関する項目があります。「給与・公的年金等に係る所得以外の所得に係る住民税の徴収方法の選択」というこの項目で、「自分で納付」につけましょう。
こうすれば、副業分の住民税の通知は、会社には行きません。ご自身宛てに納付書が届きますので、忘れずに納付してくださいね。

ただし、副業収入が給与所得である場合には、上記の方法は使えません。どうしても通知を避けたいなら、直接市町村の役所に交渉すると、税額を分けてくれることもあるそうです。

さて、副業に関する税金と確定申告についてまとめてみましたが、いかがでしたか?皆さんの参考になれば幸いです。
きちんと知って、楽しく正しく、収入を得ましょう!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です